haruの気まぐれ日記

宝塚が大好きなharuが宝塚や仕事のことなどを思いつくままに書く日記

宙組 全国ツアーLive 配信

愛さんのディナーショーについて書こうと思ってたんですけど、忘れないうちに宙組全ツの事を。

「バロンの末裔」「アクア・ヴィーテ」の二本立てでしたが、、、

「バロンの末裔」:ゆりかさんの二役、なかなか良かったです。長男で、今回の破産騒動の諸悪の根源?のような、世間知らずなお坊ちゃま。本人は、何がいけないのか分からず、周りに嵌められてしまう役柄。そして、もう一方が次男であるが故に、家を継ぐことが出来ないことから、軍人として身を立てた正義感あふれる双子の弟。二役なのに、違和感がなくて、潤花ちゃんとのバランスもとっても良かったです。

ずんちゃんともえこちゃん、二人とも歌もお芝居も上手になっていて、ゆりかさんとの相性なんかも含め、今後の宙組の体制が垣間見えたような感じでした。

お話は、まあ、再演ものなので、いまさら内容には触れませんが。。。

ショーの「アクア・ヴィーテ」は、まどかちゃんから潤花ちゃんにトップ娘役が変わったことで、雰囲気がガラッと変わりましたね~。元々大人っぽい、おしゃれなショーでしたけど、潤花ちゃんの雰囲気も大人っぽいので、さらに洗練された感じの作りに感じました。

大劇場公演の時に、客席降りで♪ウィスキーが~お好きでしょ~って歌ってキザッていた場面。ゆりかさん・ずんちゃん・もえこちゃんになってて、博多での公演中のライブ配信だから、博多ラーメンにもつ鍋に辛子明太子って・・・3人ともしれっと言えてしまうところがすごいなと。

他の人で言うと、こってぃも結構目立つシーンがあったけど、なんか全体的にわざとらしさを感じてしまって。歌もせっかく歌えるのに変な癖がついてるし、ダンスはいまいち堅いというか。。。逆に、2期下の亜音有星くんの方が、自然体で歌も踊りも上手いなと感じました。後は、きよのバレエシューズで踊っていたシーン。さすが、バレエ上手なきよだけあって素敵でした。

全体があっという間の3時間で、楽しかったです。

個人的には、異動してしまうそらくん以外では、キキちゃん以外の番手がすべてこちらにそろっていたことも大きいのですが、、、キキちゃんがいなくてもほぼ成立してしまうという事がはっきりと見えたなと感じました。

次こそは、、、愛さんのディナーショーの事を書こう。。。

 

星組 東京新人公演Live配信見ました~

久々になってしまいました。。。

本来なら、愛さんのディナーショーの事、宙組のプロミセス・プロミセスの事も書きたかったのですが、ちょっと色々な事に追われていて、そのままになっていました。

星組新人公演、ムラでは、いつもチケットをお手配して下さる下級生さんからお取り次ぎいただいて、友人と一緒に観劇していたので、東京でどう変わったのか楽しみにしていました。

歌・踊り・お芝居に穴が無いカノンくんですが、さすがにまこっちゃんのお役は大変そうでした。あれだけの殺陣をしながら歌うのですから、新人公演としてはかなりの難易度だと思います。ゆら役の瑠璃花夏ちゃんは本当に可愛い上に上手で、、、

ムラに比べて、全体的にまとまっていて良かったです。

個人的には、主演の二人を除くと、咲城けいくん(本役:せおっち)・紘希柚葉くん(本役:かなえちゃん)・稀惺かずとくん(本役:カノンくん)が良かったなと。

咲城くんは、歌も立ち姿もなかなか良くって、一度ぐらいは新公主演してほしいなと。

柚葉くんは、婆娑羅の時にも思ったのですが、思い切りの良さと滑舌も悪くなく、今後も楽しみです。

稀惺かずとくんは、見た目はちょっと可愛い感じなのですが、カノンくんが好演していた多聞坊を、上手く作り上げていたのが印象的でした。

愛さんのお役をしていたさりおくん、、、やっぱり愛さんがあれだけ作り込んだ二役を、新公長の学年でも演じるのは、難しいのだろうなと。あとは残念ながら、見た目がちょっと・・・なので。

個人的には、愛さんの役、咲城けいくんに演じてほしかったです。やはり、年齢不詳の妖しい佇まい・若い頃の銅箔(黒髪)の美しさ。目鼻立ちが綺麗で、すっとした印象のけいくんなら、違ったアプローチで演じてくれたかなとも思いました。

次回は、、、愛さんのディナーショーの事でも書こうかと思います。

 

 

 

 

星組 千秋楽見てきました

愛さんから花組のひとこちゃんに気持ちをシフトしたつもりでしたが、、、

 

10月に入ってから本公演を2回。新人公演を1回観劇しました。

愛さんを今回の公演で初めて見たときに、涙が止まらず。

やっぱり、愛さんが大好きだと言うことは否定できなくて、自分の心に嘘がつけないんだなと。

ひとこちゃんにシフトしようとしたのも、愛さんの退団による喪失を

手っ取り早く埋めたいだけなんだと、、、

そう思いながら、ついに千秋楽。

愛さんのFCに入っている友人が千秋楽を一緒に申し込んでくれていたのですが、本当に有り難いことに、

お取り次ぎいただけて、生で見ることが出来ました。

 

ショーの冒頭からウルウルきてましたが、アシナヨのシーンでは、もう涙が止まらず、

ただただ泣き続け、せっかくの愛さんのお顔が涙でぼやける始末。

サヨナラショーで「うたかたの恋」のイントロが流れた瞬間、愛さんの真っ白な軍服姿を見る前から大号泣。愛さんがずっと演じたいと言っていたルドルフ。

それを見ることが出来ただけでもう、感無量でした。

ひたすら泣き続けた千秋楽は、大好きだったりかさんの退団以来かもしれません。

 

来週は、愛さんのディナーショー。

友人と一緒に頼んでもらっているのですが、取り次いでもらえるといいなあ。

しばらくは、余韻に浸りたいと思っています。

 

東京の大千秋楽までに、東京公演も見に行こうかな。

まずは、愛さん、本当にお疲れ様でした!!大好きです!

星組 大劇場公演

今日から、愛さんの退団公演でもある、星組大劇場公演が始まりました。

 

本当なら行く予定でしたが、緊急事態宣言の延長に伴う、会社からの行動規範についての通達などもあり、、、

そして、何よりも、個人的に、愛さんの退団公演という現実を見に行きたくないといううか、すっかり熱が冷めてしまった感じのharuとしては、返金もされるし、台風も来るし止めておこうという現金な考えで、キャンセルしました。

FCは返金対応あるかどうか分からないのですが、友会なら、返金ありますからね~

すっかり、花組のひとこちゃんにシフトしてしまった私としては、星組は10月に2回本公演と、新人公演を見に行くだけになりそうです。

 

11月からの花組公演は、半休や有給をフル活用して観劇しようと思っています。

 

まずは、星組公演、無事に千秋楽まで公演が出来ますように!

花組全国ツアー梅田公演について

先週の土曜日、8月28日の16時半公演。

コロナの感染者も増える一方なので、どうしようか最後まで悩みましたが、有り難いことに、友人のツテである方の会でチケットを用意していただけたので、思い切って行ってきました。

 

哀しみのコルドバは、前回雪組でチギさんの時も見ましたが、そのときに「フェリーペ」で出演していたひとこちゃんが今回は前回だいもんが演じた「リカルド・ロメロ」役ということで、とても楽しみでした。

れいちゃんのエリオ、マントのさばき方から立ち姿まですごく良かったです。

相変わらず、お歌の方は。。。でしたが、まどかちゃんが娘役トップになってくれたことで、かなり助けられてましたね。

ひとこちゃんのロメロ。もうね、かっこいいとしか言いようのない出来上がり。

まだ研11なんですよね~。

今回見ていて思ったのが、あさこさん(瀬奈じゅんさん)と雰囲気が似てるなと。

ビセント役のほのかちゃん、頑張ってましたね。

まどかちゃん・れいちゃん・ひとこちゃん3人のバランスが良かったので、これからも楽しみです。

ショーについては、、、楽しかった。の一言。

ひとこちゃんが、小羽を背負って出てきたのがひとこちゃん結構好きなので嬉しかったです。

 

そういえば、すごく残念だったのが、お隣の席の方が、前傾姿勢になったりプログラムを見るときに肘を開いて見るせいでこっちの座席の空間に肘が入ってくる、人の顔近くで大きく手拍子するし、ごそごそするしで、せっかくの観劇が台無し!!

見に来られる方は、マナーを守って、きちんと見てほしいです。

 

 

宙組別箱公演の振り分けについて

夏休み明けで、仕事がドタバタ。

すっかり書くタイミングを逃してしまいました。

 

今日は、以前書こうと思っていた、宙組の別箱公演振り分けについて。

全ツにはずんちゃん・もえこちゃん・こってぃ・あのんくん

普通ならこの中の一人二人ぐらいは、キキちゃんの方に振り分けられるかなと思っていたんだけど、予想以上に、路線・路線候補をそろえてきたなあと。

反対に、キキちゃんの方には、そらくん・しどりゅう・風色くん

そらくんに関しては、この別箱が宙組最後。2番手格として出演し箔をつけてから、雪組の3番手ポジションに移動するっていうことかなと。

みねりちゃんが東上公演の主な配役に載ったことから考えると、宙組の娘2の位置に上がってくるんだろうなという感じ。今の他組の娘約トップになった顔ぶれとその期から見ると、時期娘役トップ候補としてのカードをキッチリそろえて準備をしてるようにも見えますし。

今日から東京公演が始まったばかりなので、まずは無事に、東京公演が終わることを祈っています。

月組東京千秋楽

日曜日、月組東京公演千秋楽でしたね。

珠城りょうさん・美園さくらちゃんの退団公演。

 

たまきちさん、長期間のトップ本当に大変だったと思います。

ですが、最近はれいこさんのノーブルな魅力・何でもこなせるちなつさん・柚乃ちゃんの高い技術に裏付けされた確かな演技力と歌があることで、かなり助けられていたんではないでしょうか。

そして、専科に行かれた紫問ゆりやさん、輝月ゆうまさんもいらっしゃいましたし。

 

本当に最後まで、暖かで実直なお人柄が良く出ていた公演でした。

 

個人的には、新しい月組も、とても楽しみにしています。

れいこさんとうみちゃんのプレである博多座は、星組公演と丸かぶりしてしまっているのですが、タイミングが合えば行きたいなと思っています。

 

年明けからの大劇場お披露目公演は、是非行きたいなと思っています。

 

明日は、宙組の振り分けについて書こうと思います。